ブラジル大使館訪問

6月28日、鈴木理事長が東京都港区の駐日ブラジル大使館を訪問し、相原補佐官と面談しました。
相原補佐官は日本・ブラジル間の通商関係に40年以上携わって来られた方で、鈴木理事長が過去にブラジル大使館で勤めていた時の上司でもあります。

鈴木理事長は現在の日伯少年サッカー育成協会の活動や、ブラジルとの友好・交流を深めるために必要なこれからの活動方針などを話しました。
ブラジルと日本のつながりを長年見てこられた相原補佐官との情報交換を行い、近い将来、従来とは違った新しいブラジルと日本の関係が構築される期待を感じさせられる有意義な時間を過ごしました。